しじみのオルニチンパワー

睡眠の質向上にしじみ

平成25年「国民健康・栄養調査」(厚労省)によると、男性の37.7%、女性の43.0%が「日中眠気を感じた」など睡眠の質に満足していない、という調査結果が得られました。

夜中に目が覚める、ぐっすり眠れない…など良質な睡眠が得られない人は年々増加する傾向があります。

昔から健康に良いとされる“しじみ”には、睡眠の質を改善する優れた働きがあります。

この記事では、しじみが睡眠の質を向上させる理由について、詳しく解説します。

睡眠の質が低下するのはなぜ?

睡眠の質が低下する理由には、自律神経が大きく関わっています。

日中、活動する時は自立神経のうち交感神経が活発になり、夜、眠る時には副交感神経が優位に働きます。交感神経は活動モード、副交感神経は休息モードと、互いにバランスを取りながら活動と休息をコントロールしています。

眠りの質が悪くなるのは、睡眠時に交感神経から副交感神経にスムーズに切り替わらないことが大きな原因です。不規則な生活や過剰なストレスなどによって交感神経が静まらず、体が睡眠をとる状態にならないのです。

また、体内時計のズレも睡眠の質が高くならない原因です。体内時計が正常であれば、朝、決まった時間に目が覚め、夜も決まった時間に眠くなるはずです。

しかし、不規則な生活などの原因により体内時計が正常に機能しない場合、深夜まで眠気が生じず、朝もなかなか起きられない、という状態が起こります。また、夜中に目が覚める、熟睡できないというのも体内時計が正常に機能していないことが原因の一つです。

睡眠の質が低下する理由は、自律神経がスムーズに切り替わらないことと体内時計が正常に機能しないことの2つの理由が考えられるのです。

オルニチンが睡眠の質を改善する!

しじみに含まれる“オルニチン”には睡眠の質を改善する働きがあります。

オルニチンには疲労の原因となるアンモニアの解毒を促進させる働きがあり、肉体的な疲労を軽減することがわかっています。体の疲れをとることによって神経の高ぶりを抑え、睡眠の質が改善されると考えられます。

また、体内のアンモニアを減らすことで細胞のエネルギー産生が活発になり、疲労が抑制されるとともに体の緊張がほぐれます。そのため、交感神経の高ぶりが抑えられ、副交感神経が働きやすくなることも睡眠の質の改善につながります。

こうしたオルニチンの働きにより、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替わりがスムーズになるため、睡眠の質が改善すると考えられるのです。

しじみに含まれるトリプトファンは睡眠ホルモンを増やす!

しじみには必須アミノ酸の一つ“トリプトファン”が豊富に含まれています。

トリプトファンは睡眠を促す“メラトニン”というホルモンの前駆体で、トリプトファンを摂ることでメラトニンの合成が促進され、質の高い眠りが得られるようになります。
また、メラトニンには体内時計を調整する働きがあるため、乱れた体内時計を市場にすることも可能です。

また、トリプトファンは脳内物質“セロトニン”の前駆体でもあるため、脳に溜まったストレスを軽減し、気持ちをリラックスさせる効果があると考えられます。
トリプトファンは体内で合成することのできない必須アミノ酸なので、食べ物などから摂取するしかありません。その点で、しじみを利用することは的を射た方法といえます。

神経の興奮を鎮め快眠をもたらすカルシウム・マグネシウム

しじみにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

カルシウムは神経の興奮を鎮める働きがあるため、イライラやストレスを軽減し、睡眠の質の向上につながると考えられます。

また、マグネシウムにも神経の興奮を抑える働きがあり、自律神経を安定させ、快眠をもたらします。同時に、血管を拡張する働きもあり、脳への血流を促進します。

カルシウムとマグネシウムは互いに影響し合って効果を発揮します。どちらか一方が不足するともう一方の働きが悪くなるのです。

カルシウムとマグネシウムは2:1で摂取すると良いといわれています。しじみを摂ることで栄養全体のバランスが良くなり、互いの作用が引き出されやすくなります。そのため、睡眠の質の改善にもつながると考えられるのです。

ビタミンB6・B12も快眠をサポート!

しじみに含まれるビタミンB6は、先述した神経伝達物質セロトニンの合成に不可欠なビタミンです。また、ビタミンB12は脳の神経機能を正常に保つ働きがあります。
そのため、脳神経や中枢神経を安定させ、質の高い眠りをサポートしてくれるのです。

まとめ

このように、私たちにも身近な食材のしじみには、睡眠の質を高め、快適な眠りをもたらす優れた働きがあるといえます。

睡眠に関する悩みを抱える人は、しじみ汁など簡単な料理で試してみてはいかがでしょうか?

(参考URL)
http://www.mariahpower.com/post35.html

page top