しじみのオルニチンパワー

運動前にもしじみ

健康づくりや体力強化のために運動を心掛けることは良いことですね。せっかく運動するのなら、しっかりと効果に結びつけたいものです。そのほうがヤル気にもつながります。

そんな普段から運動を心掛ける人におススメしたいのが“しじみ”です。しじみには運動の効果をアップしたり、運動後の疲労を軽減したりする効果があるのです。

しじみの成分“オルニチン”が運動にもたらす効果とは?

運動することで体力の維持増強をはかることは、健康を維持し毎日をハツラツと過ごすために必要なことですよね。

しじみに含まれるアミノ酸の一種“オルニチン”には、細胞内でエネルギーを作る“TCAサイクル”を活性化して、運動時のエネルギー産生を増加させる働きがあります。

運動に必要なエネルギーが十分に作られることで、運動の強度や持続力が高まるため、体力や持久力をアップする効果につながるのです。

もし運動時にエネルギーが不足していれば、運動の効率が悪くなり筋肉の活動や心肺機能などが活発にならず、期待した効果をあげることは難しいでしょう。
また、体内で生成される有害物質のアンモニアは、運動の強度が上がるほど産生量が多くなります。アンモニアは体のエネルギー産生を低下させたり、疲労の原因となったりするため、運動時に発生するアンモニアはできる限り少なくする必要があります。

オルニチンにはアンモニアを解毒する強力な働きがあります。これは“オルニチン回路”と呼ばれるアンモニアを解毒できる仕組みです。
運動時にオルニチンを摂ることでオルニチン回路を活性化させ、運動によって生じるアンモニアの分解を促進することで、疲労を軽減できるのです。

しじみに含まれる“グリコーゲン”が運動を持続させる!

しじみにはエネルギーの源“グリコーゲン”が多く含まれています。グリコーゲンとはブドウ糖が結合した動物性の多糖類で、しじみをはじめ貝類や甲殻類などに多く含まれています。

グリコーゲンはブドウ糖の集まりですから、運動時に速やかに糖に分解されエネルギーとして使われます。運動によって筋肉や心肺機能を高める場合、持続的にトレーニングしたほうが、効果が高まります。

グリコーゲンは運動時のエネルギー源となり、運動強度を高めたり、運動時間を長くしたりするなど運動の負荷を高めることができるのです。同じ時間運動した場合でも、運動負荷が大きいほうがトレーニングの効果も高くなります。

しじみに含まれるアミノ酸が筋肉を作る!

アスリートが筋肉を鍛える時、プロテインなどのタンパク質をしっかり補給するといわれます。筋肉はタンパク質でできていますから、タンパク質やその材料となるアミノ酸をしっかり摂ることは筋肉の強化につながるのです。

しじみには筋肉を増やす働きのある 必須アミノ酸がバランス良く含まれているのです。

アミノ酸スコアとは?

必須アミノ酸には、アミノ酸の桶の理論という考え方があります。これは9種類の必須アミノ酸のうち、どれか1つでも不足していると他の全てのアミノ酸は利用されない、という理論です。

9種類のアミノ酸をそれぞれ桶の板だと考えると、1つでも板の高さが低ければ、桶の水は低い板の高さまでしか溜まりません。他の板がいくら高くても、低い板の高さに合わせた分しか利用されないのです。

つまり、9種類の必須アミノ酸の全てをバランス良く摂取することが大切ということです。しじみには9種類のアミノ酸がバランス良く含まれており、国際基準で示された必須アミノ酸のバランス評価基準「アミノ酸スコア」は100ともいわれています。

しじみには筋力アップに欠かせないBCAAが豊富!

必須アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つをBCAAといい、多くのアスリートなどから注目されています。

BCAAは運動時に筋肉のエネルギー源として使われ、運動パフォーマンスの向上や筋肉の強化、運動後の疲労回復に効果があると考えられています。

しかし、こうしたBCAAもアミノ酸の桶の理論によれば、BCAAだけを摂取するよりも全てのアミノ酸を同時に摂取したほうがBCAAの効果もさらに発揮されると考えられます。

しじみにはBCAAが豊富に含まれているだけでなく、アミノ酸スコアが高くバランスが良いため、BCAAの効果が高く発揮されるのです。

しじみに含まれるアラニンの働き

しじみにはアミノ酸の一種、アラニンも多く含まれています。アラニンは運動により糖が不足した場合にエネルギー源として使われる成分です。
そのため、マラソンや水泳、ロードバイクなど持久力を必要とするアスリートにも、アラニンのサプリが人気です。

また、アラニンは肝臓でブドウ糖の産生を促進する働きもあるため、運動時に必要なエネルギーを持続的に供給でき、長時間の運動が可能になるのです。

しじみには鉄分も豊富!

鉄分というと、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが思い浮かぶと思います。運動時には筋肉に多量の酸素が必要となりますから、酸素と結合して筋肉へ運ぶへモグロビンの働きは重要です。

また、鉄分を多く含むミオグロビンは筋肉内に多く存在し、ヘモグロビンから受け取った酸素を筋肉内で貯蔵する働きをしています。筋肉を動かすために多量の酸素が必要になるとミオグロビンに貯蔵された酸素が使われ、筋肉を動かすのです。

しじみに含まれる鉄分は、ヘモグロビンやミオグロビンの材料となり、酸素の運搬や貯蔵を促進する働きをしているというわけです。

このように、しじみには運動時に必要となるさまざまな成分が含まれています。運動前にしじみを摂ることで、運動の効果を一層アップできるのです。

page top