しじみのオルニチンパワー

アルコールを摂取したときはしじみを

「お酒を飲んだ翌日にはしじみの味噌汁がいい」といわれます。お酒を飲みすぎた後のだるさや二日酔いの症状が、しじみ汁を飲んだら楽になった、という経験がある人も多いかもしれませんね。

アルコールを摂取した後にしじみがいいというのはどういう理由や根拠があるのでしょう? この記事では、アルコールとしじみの関係について詳しく解説します。

アルコールが体に及ぼす影響とは?

お酒を飲んだ時などアルコールを摂取すると、体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれ、アルコール脱水素酵素(ADH)の働きによってアセトアルデヒドという物質に分解されます。

アセトアルデヒドには毒性があるため、お酒を飲みすぎると気分が悪くなったり、頭が痛くなったり、嘔吐したりするのは、体内で多量のアセトアルデヒドが生じるからです。

体内で有害な作用をするアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きにより無毒な酢酸に分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されて排出されます。

お酒などから摂取したアルコールを無毒化するには、肝臓の解毒作用の働きがなくてはならないのです。

人体の化学工場“肝臓”の働きとアルコール

肝臓はアルコールなどを解毒するだけでなく、食べ物などから摂取した栄養を体内で使いやすいように作り変える代謝の働きや、エネルギーの貯蔵、脂肪を分解する胆汁の生成など生命を維持するためのさまざまな働きをしています。
そのため、肝臓が必要とするエネルギーも大きく、人間が活動するためのエネルギーの5分の1は肝臓で消費されています。それだけ多くのエネルギーを使って肝臓はさまざまな仕事をこなしているということです。

そして、そのエネルギーを生み出しているのが肝細胞にあるミトコンドリアです。ミトコンドリアは栄養や酸素を化学反応させTCAサイクル(クエン酸回路)という経路の中でエネルギーの元となるATP(アデノシン三リン酸)という物質を作っています。

アルコールを摂取した時に生じるアセトアルデヒドは、エネルギーを産生するTCAサイクルの働きを阻害するため、エネルギー源となるATPの産生も低下します。つまり、アセトアルデヒドは肝臓の機能を維持するエネルギーを作り出しにくくするのです。

エネルギー不足によって肝臓の働きが低下すれば、アルコールだけでなく、有害なアンモニアの解毒、さまざまな栄養素の代謝、胆汁の生成などにも影響が及びます。

こうした肝臓の機能が損なわれれば、やがて体全体にも影響が及び、体が疲れやすくなったり、免疫力が低下したり、脂肪の分解が悪くなったりしてさまざまな病気を引き起こす元になるのです。

特に長期に渡る多量の飲酒の習慣は、肝機能に大きなダメージを与えるため、アルコール性肝障害、脂肪肝、肝臓がんなど重篤な病気につながる恐れもあります。

肝機能を改善するためには? しじみに含まれるオルニチンの働き

しじみにはオルニチンという成分が多く含まれています。オルニチンは肝細胞の中で「オルニチンサイクル」というアンモニアを解毒する働きを活性化しています。

オルニチンサイクルはエネルギーを生み出すTCAサイクルにも連動しているので、オルニチンサイクルを活性化することにより、肝臓でのエネルギーの産生も活発にすることができるのです。

肝臓の機能が低下する原因には、アセトアルデヒドなどの有毒物質によって肝臓を働かせるためのエネルギーが不足することですから、オルニチンを摂ることで肝臓のエネルギーの産生能力を高め、肝機能を回復させることができると考えられるのです。

また、体のエネルギー源となるブドウ糖が不足すると糖質以外の物質からブドウ糖を作り出す「糖新生」という新たなエネルギーの合成経路が作られます。オルニチンには、この糖新生を促進する働きもあるため、肝臓だけでなく全身のエネルギー不足を解消する働きにもつながります。

こうしたことから、オルニチンを摂ることによりアルコールを過剰に摂取した時に起こる疲労感や倦怠感、眠気やだるさなどの不快な症状の改善につながるといえるのです。

しじみに含まれるタウリンの働きにも注目!

しじみにはオルニチン以外にもアルコールの影響を緩和する成分が含まれています。それはドリンク剤などにも含まれるアミノ酸の一種“タウリン”です。

タウリンはオルニチンと同様、肝機能を改善する働きがあり、胆汁酸の分泌を促進し、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ肝機能の負担を軽減する働きがあります。また、肝細胞の再生を促進するのではないかとも考えられています。

タウリンがアルコールの分解に直接的に関わるのかは分かっていませんが、タウリンには肝機能を改善する働きがあることから、間接的にでもアルコールの代謝を促進するのではないかと考えても不思議ではありません。

また、臨床的な研究によれば、タウリンにはアルコールによる酩酊状態の回復を促進する働きがあることは明らかになっています。つまり、タウリンはメカニズムには不明な点があるものの、二日酔いの予防や回復には事実上、一定の効果があるといえます。

その他にも、しじみにはメチオニンやシスチンというアミノ酸の一種も多く含まれています。これらのアミノ酸もタウリンと同様、肝機能を高める働きがあると考えられています。

タウリンをはじめとするアミノ酸群がアルコールの摂取による肝機能への影響を改善する効果には十分期待が持てそうです。

しじみに含まれるビタミンB群も強い味方

しじみにはビタミンB1やB2、B12などビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質の代謝、B2は脂質の代謝を高め、肝臓の負担を軽減するとともに体が必要とするエネルギーの産生を助ける働きをしています。

また、肝機能が低下するとビタミンB群が減少することが分かっており、しじみを摂ることでビタミンB群を補い、疲労感や倦怠感を予防する効果につながります。

ビタミンB群は水に溶けやすいため、しじみの味噌汁など汁ごと飲める汁物から摂ることは理にかなっています。さらに、ビタミンB群の中のビタミンB12は動物性の栄養素なのでしじみから摂ることは効果的な方法です。

お酒の後にはしじみ汁”というのは食文化や経験から考えてられていたのでしょうが、現在の科学で考えても、しじみはアルコールの分解を促進し、肝臓を保護する働きがあります。昔ながらの知恵は今でも確かに生きているといえるでしょう。

page top