しじみのオルニチンパワー

美肌人口の高い島根県としじみ

大手化粧品会社が行った「美肌県グランプリ2017」では、美肌の人が多い順に1位富山県、2位石川県、3位秋田県……と北陸、東北勢が多い中、島根県が6位入賞と(美肌偏差値60.79)と善戦しました。

実は、島根県は美肌グランプリの常連県で毎年上位入賞を果たしています。まさに美肌県といっても良いでしょう。島根の女性が美肌なのは、どのような秘訣があるのでしょうか?

この記事では、島根県の美肌人口が高い理由を探っていきたいと思います。

肌の新陳代謝が美肌には欠かせない!

美肌グランプリで島根県が6位入賞の快挙を遂げた理由を調べてみると、8項目ある審査基準の中で「肌がうるおっている」、「マイクロダストに強い」という項目が共に全国1位であることが分かります。

マイクロダストとは聞きなれない言葉かもしれませんが、これは化粧品会社が作った言葉で、排気ガス、工場の煙、チリやホコリ、PM2.5、黄砂、タバコの煙、花粉など、目に見えないような細かな有害粒子を総称したものです。

たしかに、有害な粒子が肌に付着すれば、うるおいのあるキメの細やかな肌を保つことは難しいですね。

マイクロダストなど、お肌にダメージを与える物質を取り除くには、なんと言ってもお肌の新陳代謝が欠かせません。新陳代謝を促進することで、肌に付着したマイクロダストを排除することが大切です。

肌の基本構造

美肌づくりのためには、まず肌の基本構造を理解しておく必要があります。

肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層構造となっており、さらに一番外側の表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つに分けられます。

表皮のいちばん内側にある基底層の細胞が成長して少しずつ表面に上がり、いちばん外側の角質層の細胞となってはがれ落ちるには、およそ28日間かかります。このサイクルを肌のターンオーバーといいます。

マイクロダストは表皮の角質層や顆粒層の部分に多く付着しますから、肌のターンオーバーを促進することで、マイクロダストを垢として落とすことができます。

つまり、肌の新陳代謝が活発なほどマイクロダストによるダメージを減らすことができ、キメの細かな美しい肌を保つことができるのです。

美肌の秘密はしじみにある!? しじみがもたらす美肌効果

島根の女性が美肌でいられる理由の一つには、私たちにも馴染みのある“しじみ”が関係しています。しじみの漁獲量と消費量の全国NO.1は島根県で、島根の人がしじみを多く摂ることが美肌づくりに良い影響を与えると考えられます。

しじみに含まれるオルニチンには、細胞のミトコンドリアを活性化させ、新陳代謝に必要なエネルギーを作り出す働きがあります。細胞の成長が活発になるほど新陳代謝も活発になり、肌のターンオーバーが促進されるため、美肌を維持できるのです。

また、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。成長ホルモンが多く分泌されるほど肌の新陳代謝が活発になり、美肌のキープにつながります。

オルニチンは有害なアンモニアを解毒し肌を守る!

体内に生じる有害なアンモニアは、肝細胞にあるオルニチンサイクルという回路で解毒された後、排泄されます。

肝機能の低下などによりアンモニアの解毒が十分に行われないと、体内のアンモニアが肌の細胞にダメージを与え、肌荒れや肌のくすみ、肌にハリがない、などの肌トラブルにつながります。

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化し、アンモニアの解毒を促進する働きがあるため、アンモニアの毒素が肌に与える影響を少なくすることができるのです。

しじみに含まれるビタミン・ミネラル・アミノ酸の働き

しじみには美肌づくりに欠かせないビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に含まれています。

タンパク質の合成に関わり、肌の細胞を再生を促すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6、肌の新陳代謝を活発にして細胞の生成を促進する亜鉛などが多く含まれています。

また、亜鉛には女性ホルモンの分泌を安定させる働きがあるので、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルを防ぐ効果にもつながります。

さらに、しじみにはタンパク質の元となるアミノ酸がバランス良く含まれています。美肌には欠かせないコラーゲンや肌のハリや弾力を保つエラスチンはタンパク質でできているため、しじみに含まれるアミノ酸をバランス良く摂ることが美肌につながるのです。

まとめ

このようにしじみには、美肌づくりに欠かせないさまざまな栄養素が豊富に含まれています。島根の女性が美肌を保つ秘訣は、しじみに含まれる栄養にあるのかもしれませんね。

page top